東京ディズニーリゾート格安情報
ファミリーで楽しむ!東京ディズニーランド&シー最強攻略book

ディズニー携帯の料金

ディズニー携帯の料金プランには、
ホワイトプラン(D)しかないというのは、
以前、説明をしましたが、
ディズニー携帯の料金プランでの悩みどころは、
Wホワイト(D)の加入をどうするか?
ということではないでしょうか。

ディズニー携帯のWホワイトへ加入してお得になるのは、こんな使い方の人。
という記事で紹介させていただいたのですが、
Wホワイト(D)へ加入してお得になるのは、
ディズニー携帯で、
ディズニーモバイル携帯電話、ソフトバンク携帯電話へは、
21時から1時までに、
また、他社携帯電話への月々の通話時間が、
47分を超える方です。

というのも、47分という時間を算出するに当たり、
ディズニー携帯の料金プランを試算したのですが、
下記が計算式です。

ホワイトプラン(D)
980+(47/0.5*21)=2954
Wホワイト(D)
980+980+(47/0.5*10.5)=2947

ディズニー携帯の料金プランを説明するためとはいえ、
計算式をご紹介すると、数字を見たくない人には、
拒否反応を示されてしまうかもしれませんが、
計算式を、簡単に説明をさせていただきます。

ホワイトプラン(D)は、基本使用料が980円。
それに加え、通話料が携帯電話料金となるので、
かっこの中では、ホワイトプラン(D)の通話料21円(30秒)で、
47分通話した時を計算しています。

また、Wホワイト(D)では、ディズニー携帯の料金プランの、
ホワイトプラン(D)980円に加え、
割引サービスのWホワイトの基本使用料980円を足しています。
そして同様に、通話料の算出を行い、
かっこの中の計算では、
Wホワイト(D)で安くなった通話料10.5円(30秒)で、
47分通話した場合を計算しています。

ちなみに、47分という時間は、
ホワイトプラン(D)とWホワイト(D)の料金が逆転する時間です。

ディズニー携帯をお得に使うために、
計算式を出してまで説明してしまいましたが、
気になる方は、エクセルなどで、
計算式を算出してみると、わかりやすいかもしれませんよ!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト

ソフトバンク携帯電話と、ディズニーモバイル携帯電話。
共通して、なかなか分かりづらい事は、
ケータイ端末の購入方法なのでないでしょうか?

ソフトバンクショップでは、
ソフトバンク携帯電話、ディズニーモバイル携帯電話ともに、
0円となっていますが、
実際は、持ち帰り価格が0円ということで、
ケータイ端末に限っては、店頭でのお支払いは0円ということなので、
月々の携帯電話の請求書には、
携帯電話の通信料のほかに、携帯電話端末代が乗っかって請求されます。

また、ディズニーモバイル携帯電話に限らず、
ソフトバンク携帯電話でも、24回払いの分割で、
割賦契約をして携帯端末を手に入れることと思いますが、
そこで、???はてなマークが点灯してしまうのが、
新スーパーボーナスという存在。

新スーパーボーナスというのは、割引サービスの一つで、
ディズニー携帯電話端末DM001SHを、
24回払いで購入する場合、
新スーパーボーナスは、2,200円という事になります。
要は、月々のお支払い価格のうち、
携帯端末以外の基本使用料や通話料などの価格のうち、
2,200円分を割り引きますということ。

ただし、ここで最大2,200円割引という表現を使わせていただくと、
月々の携帯電話の請求額(携帯端末以外)が、
2,200円に満たない場合、2,200円は割り引かれません。
例えば、ある月の請求額が、
ホワイトプランのみの価格980円だった場合、
その月の割引は、980円という事になり、
基本使用料などの請求額は、いったん0円になります。

、、、なりますが、
ディズニー携帯電話端末DM001SHの代金、
24回払いであれば、分割支払金3,380円が請求されますので、
その月の請求額は、3,380円となります。

最大2,200円の新スーパーボーナスの割引は、
基本使用料など、通話料などには適用されますが、
ディズニー携帯電話端末DM001SHの価格には、適用されず、
割り引かれないということなんです。

つまりは、新スーパーボーナスを適用しているのなら、
ホワイトプラン(D)でも、まったく使わないのは損で、
2,200円−980円=1,220円
1,220円分は通話などをして使用しないと、
最大、2,200円の割引にはなりませんね。

まぁ、混乱の最大の元凶は、ソフトバンクショップの広告。
携帯電話端末価格、割引で実質いくらですよ〜
という、「実質」というフレーズには、
そういった意味が含まれているので、
ディズニー携帯にしようとする場合も、
店頭で混乱しないように、しっかり話を聞いてくださいね!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯こと、ディズニーモバイルが、
ディズニーモバイルの代理店(?)であるソフトバンクをはじめ、
ドコモ、au、などの他社の携帯電話よりも、
ひときわ魅力的であるのは、
ディズニーの携帯電話ということはもちろんの事、
それだけでは済ませてはもったいない、サービスがあります。

そのディズニー携帯電話の独自のサービスなのが、
Disney Web。

ディズニーウェブは、ソフトバンクとの共同開発ですので、
一見はYahoo!のような印象を受けますが、
ディズニーウェブは、ほんのポータルサイト。
文字通りの、ただの玄関であって、
ディズニー携帯の本領は、まだまだここから。

ディズニー携帯をもち、ディズニーと距離が縮まったと感じるのは、
ディズニーウェブを利用して、
ディズニー・マジックポイント・クラブへ加入した時から、始まります。

ディズニー・マジックポイント・クラブは、
横文字で、長い名前なので、人によっては、
とっつきにくいかもしれませんが、
要は、ディズニー携帯を持って、
ディズニー携帯を月々使い続けている方限定の、
ディズニーのポイントプログラムです。

ディズニーホテルの宿泊など、特典が受けられたりするのですが、
ディズニー携帯を持ってから、何かと増える事が予想されるのが、
パケット通信料。

パケット通信料を気にしながら、
ディズニーウェブを使っているようでは、
ディズニーの特典の申し込みなど、
ディズニー携帯を本当に使いこなせないと思います。

そこで、ディズニー携帯を思う存分楽しむために、
ぜひ加入をオススメするのが、割引サービスのパケットし放題(D)。

ディズニーウェブを楽しむために、パケット通信を行いますので、
ホワイトプラン(D)     ¥  980
Disneyベーシックパック ¥  315
パケットし放題(D)     ¥1,029
               ¥2,324
と一番安い料金プランでもなってしまいますが、
パケットし放題(D)の¥1,029は、
12,250パケット分が無料で含まれていますので、
12,250パケットを超えなければ、
¥1,029より請求されませんよ!

また、12,250パケット以降は、使った分だけ請求となり、
どれだけパケット通信を行っても、¥4,410を超える事はないので、
安心して、ディズニー携帯で、ディズニーウェブを楽しめますね!

ちなみに、パケットし放題(D)の対象となるパケット通信は、
Eメールなどのメール。PC(パソコン)サイト以外のウェブ通信で、
PCサイトブラウザを使用した場合は、
自動的に5,985円の上限になりますし、
TVコールの通信料は、パケットし放題(D)に含まれてはいませんので、
注意が必要ですね!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯の料金プランは、
本当に、いたってシンプル!

ディズニー携帯を持つのなら、
自動的に加入となる、ホワイトプラン(D)
というか、ホワイトプラン(D)しか、
ディズニーモバイルの料金プランは、ないんです!

そもそも、ディズニー携帯のカタログや、
ディズニーモバイル公式サイトには、
ホワイトプラン(D)以外にも、
料金プランの紹介を拝見しますので、
携帯電話会社の分かりづらい料金プランに、
辟易している方であれば、「料金プラン」
と、聞いただけで拒否感をもたれるかもしれませんが、
ディズニー携帯の料金プランの、ホワイトプラン(D)以外は、
割引サービスというものなので、
ケータイの使い方によって、たくさんサービスを利用しても、
月々の請求額を安く出来ますよ〜!というもの。

ディズニー携帯をお得に使いたい!!
という方であれば、加入したほうがいいと思いますし、
どれだけ払ってもいい!!
なんて太っ腹な方(いないとは思いますが、、、)であれば、
割引サービスに加入しなくてもいいですね!

ケータイをお持ちの方で、たま〜にいらっしゃるのですが、
ケータイは着信専用で、ご自分からはあまり発信しない。
という方であれば、通話料も発生する事もないので、
当然、ホワイトプラン(D)だけで、十分でしょうね!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯を新規で持とうとすると、
どのくらいの価格なのでしょうか?

あくまで、ディズニーモバイル携帯電話第1号の、
DM001SHに限らせていただきますが、
ディズニー携帯のサポートをしているのはソフトバンクなので、
ディズニー携帯を新規で持とうとする場合、
ソフトバンクのケータイ購入システムが適用されるようです。

従来であれば、携帯電話会社や、ケータイ販売代理店などで、
独自で割引などをして、ケータイユーザを増やすため、
タダ同然の価格で、ケータイを配っていたものですが、
ソフトバンクでケータイを持とうとすると、
ケータイ端末代金を、一括購入するか、
割賦、、、いわゆる月々の分割で購入するか、
選ぶようになります。

ソフトバンクのサポートを受けているディズニーモバイルも例外でなく、
ディズニー携帯DM001SHも、
実際のケータイ端末価格は、8万円程度するものなのですが、
割賦で購入したりする事により、
割引価格でディズニー携帯DM001SHが手に入ったりします。

実際、ディズニー携帯DM001SHの価格が、
新スーパーボーナスという割引を使用して、
24ヶ月の割賦での支払いが、いくらになるかというと、
分割支払金  3,380円
特別割引  −2,200円
実質負担金  1,180円
と紹介されています。

上記を簡単に解説をすると、分割支払金というのが、
24回払いに設定した、月々のディズニー携帯端末の価格。
特別割引というのが、2,200円の新スーパーボーナスという割引。
なので、実際月々のディズニー携帯DM001SHの価格は、
1,180円ですよ、、、という説明。

しかし、ここからが、ソフトバンクの分かりづらさですが、
特別割引というのは、携帯端末の価格から割り引くのではなく、
基本使用料など、携帯電話サービス価格から割り引く。
というのが、新スーパーボーナスというものなので、
月々の携帯電話の通話料などの合計(携帯端末代を除く)が、
2,200円に達していない場合は、2,200円の割引にならず、
通話料などの合計金額までの割引となります。

つまり、最大2,200円割り引きますということで、
2,200円を毎月、必ず割り引きますということではないんですね、、、。

と、少し話がそれてしまいましたが、
ディズニー携帯の月々の携帯電話の通話料などの合計(携帯端末代を除く)が、
2,200円を超えている方であれば、
ディズニー携帯DM001SH実質負担の価格は、
月々、1,180円と考えていていいでしょう。

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯を持つのなら、
家族みんなで持ったほうが、お得です!!

ディズニー携帯の料金プランは、本当にシンプルですので、
ホワイトプラン(D)しかありません。
しかし、割引サービスは充実していて、
Wホワイト(D)に加入すると、
通話料が半額になったり、ケータイの使い方によって、
ディズニー携帯をお得に無駄なく使えます!

その反面、少し残念なのが、
ソフトバンクで大々的に宣伝をしている、ホワイト学割。
この、ホワイト学割に相当するものが、
ディズニーモバイルにはないんですね、、、。

でも、それでも欲しいディズニー携帯。
家族がいるのでれば、一人で持つよりも、
家族みんなで一台ずつ持ったほうが、
通話料がお得になるんです。

そのお得な料金プランの割引サービスが、ホワイト家族24(D)。
またまた、ソフトバンクの料金プランと同じようなネーミングですが、
内容も、ほぼ同じ。

ディズニーモバイル携帯電話と、ソフトバンク携帯電話を合わせて、
最大10回線まで登録が可能で、
家族への国内通話が24時間無料になるんです!

24時間、いつでも無料なんですよ!!
しかも、ディズニーモバイル携帯電話だけでなく、
ソフトバンク携帯電話への通話も。

ただ、離れて暮らしている家族の場合、
ディズニーモバイル携帯電話や、ソフトバンク携帯電話であっても、
登録手続きがなかなか面倒ですが、
家族で連絡を多く取る方であれば、
これからは固定電話よりも、無料のケータイへ!!
なんて、固定電話を使わなくなる日が近くなるかもしれませんね。

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯を持つときに、
料金プランとしては、ホワイトプラン(D)しかありませんので、
ディズニー携帯を持つと同時に、
自動的に、ホワイトプラン(D)になりますので、
悩む間もないのですが、
そのほかの、割引サービスの加入に悩むかもしれませんね。

今までのケータイがソフトバンク携帯電話という方であれば、
ホワイトプランや、Wホワイトという料金プランを経験しているので、
おなじみの料金プランということで、
ディズニーモバイルになったとしても、
あまり抵抗はないかもしれませんが、
他社携帯電話からのMNPですと、
あまり、なじみのない料金プランですよね。

ちなみに、Wホワイト(D)という割引サービスは、
いつでも加入する事ができますので、
しばらくホワイトプランで様子を見て、
月々のケータイ使用料が、結構かかってるな!
と感じるのであれば、
途中でWホワイト(D)へ加入すればいいのではないでしょうか?

さて、途中でWホワイト(D)へ加入するといっても、
実際は、どれほどの通話料を目安に、すればいいのか?
それを、お教えしたいと思います!

私がディズニーモバイルの料金プラン、
ホワイトプラン(D)と、Wホワイト加入の場合、
2つを比較してみた結果、
月々の通話時間が、47分を超えた段階。
通話料に直すと、
ホワイトプラン(D)が、¥2954
Wホワイト(D)加入が、¥2947
となり、この時点で料金が逆転します。

47分という時間ですと、ホワイトプラン(D)とWホワイト(D)
まだまだ、7円というわずかな差ですが、
ちりも積もれば、、、というように、
どんどん料金の差は広がるので、
月々、47分以上お話をされる(無料対象時間外)場合は、
Wホワイト(D)加入をした方が、お得ですね!

また機会があれば、
私が試算をした料金プランのグラフなどを、
掲載したいと思いますが、
Wホワイト(D)を途中で加入する場合、
翌月からの適用となるので、
ディズニー携帯を持つときに、今までのケータイ電話で、
月に47分を超える通話をしているようであれば、
ディズニーモバイルを契約する際に、
Wホワイト(D)へ加入しておいたほうが、
最初からお得になりますね!!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯の料金プランは、
携帯電話会社にしては、とってもシンプルなので、
ディズニー携帯を持ちたくて、
ディズニーモバイルへ加入する方は、
料金プランで迷う事がなくて、
とってもうれしいですよね!!

しかも、ディズニーモバイルの料金プランは、
ソフトバンクのホワイトプラントほとんど同じ、、、
というか、ディズニーモバイル版なので、
ディズニー携帯を持ったとしても、
月々のケータイの請求額も安くなるのではないでしょうか?

やっぱり、ケータイユーザーとしては、
安い!っていうことは、うれしいですよね!

ちなみに、ディズニー携帯こと、
ディズニーモバイルの料金プランとしては、
前述のホワイトプラン(D)のみですが、
割引プランを併用する事によって、
ディズニー携帯を、お得に使うことができるんです!

その割引プランの一つが、Wホワイト(D)。

ご察しの通り、これまたソフトバンクのWホワイトと同等の料金プランで、
ホワイトプラン(D)にプラス980円(税込)で、
21時から1時の間の、
ディズニーモバイル携帯電話と、ソフトバンク携帯電話への通話料が、
30秒につき、10.5円(税込)。
また、ディズニーモバイル携帯電話と、ソフトバンク携帯電話以外の、
他社の携帯電話への通話料金も、終日30秒につき、10.5円(税込)
ただし、TVコールはこれに該当しませんが、
ホワイトプラン(D)よりも、通話料が半額になるなんて、
ケータイでお話をする方には、とてもうれしい料金プランですよね!

また、ディズニーモバイル携帯電話間だけでなく、
ソフトバンク携帯電話とも、割引適用になるなんて、
ディズニーモバイル携帯電話とソフトバンク携帯電話。
ともにお得なので、ますます利用者が増えそうですね!!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯を持つのなら、
ホワイトプラン(D)の、
月々980円で済むと思ってしまうような感じがしますが、
ケータイの使い方によっては、
月々の請求額が、980円を超える場合があります。

というのも、錯覚の原因は、ディズニー携帯のカタログや、
ディズニーモバイル公式ホームページを見たりすると起こるのですが、
ソフトバンクショップなど、
ディズニー携帯を取り扱っている店員さんに、
料金のしミューレーションなどしてもらうと、よく分かります。

ホワイトプラン(D)は、メールも、
ディズニーモバイル携帯電話とソフトバンク携帯電話へ、
無料というような表現になっていますので、
ホワイトプラン(D)に加入すると、
(厳密には、ディズニー携帯を持った時点でホワイトプラン(D)ですが、、、)
メールも同時に送れると思ってしまいますが、
メールというのは、SMSという、
ソフトバンクの前の、ボーダフォンより前の、
JーPHONEからおなじみの、電話番号で送れるメールが対象。

なので、ディズニーモバイル携帯電話とソフトバンク携帯電話以外の、
他社携帯電話へEメールを送る際には、
Disneyベーシックパックというものに加入する必要があり、
月々、315円(税込)かかります。

また、ディズニー携帯の魅力の一つでもある、
Disney Webを利用するのにも、
Disneyベーシックパックの加入が必要になります。

私個人的には、せっかくディズニー携帯を持ったのなら、
Disney Webを満喫しなければもったいないと思いますので、
月々、315円かかりますが、
Disneyベーシックパックの加入は、オススメしますよ!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯の料金プランは、
携帯電話の料金プランにしては画期的というほど、
とってもシンプル!

そのディズニー携帯の料金プランの中でも、
ディズニー携帯を持つ方が、
必ず加入する事になる基本料金プランが、
ディズニーモバイルのホワイトプラン(D)。

携帯電話に詳しい方や、ソフトバンクユーザーであれば、
おなじみのフレーズなので、文字通りなのですが、
ソフトバンクのホワイトプランの、
ディズニーモバイル版が、ホワイトプラン(D)とお考えください。

ちなみに、ディズニー携帯を持つならば、
この料金プランしかありませんので、
ディズニー携帯を持つ方は全て、ホワイトプラン(D)になり、
あとは、ケータイの使い方によって、
割引サービスに加入するといった事になります。

また、ディズニー携帯のホワイトプラン(D)を簡単に紹介すると、
月々の基本使用料が、980円(税込)
そして、ホワイトプラン(D)の最大の魅力であるのが、
ディズニー携帯こと、ディズニーモバイルユーザーと、
ソフトバンク携帯電話へかけた通話料のうち、
1時〜21時までは、国内通話し放題!!
さらには、ディズニーモバイル携帯電話と、
ソフトバンク携帯電話へのメールは、時間を問わず無料!!

ディズニー携帯を、それ以外の用途、例えば、
他社携帯に電話をしたり、ウェブ通信をしたり、
などした場合は、基本使用料へ加算されて、
月々の請求額とされるのですが、
ディズニー携帯のディズニーモバイル携帯電話間だけでなく、
ソフトバンクにも、ホワイトプラン(D)が適用されるのは、
とてもうれしい事ですよね!

ディズニー携帯にしようか悩んでいて、
お友達にソフトバンクユーザーが多い場合は、
タダ友の輪が広がり、携帯通話料も安くなるはずですので、
ご検討してみては??

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯を持って、
同じ番号で引き続き使うためには、
ディズニーモバイルへMNPの手続きが必要で、
さらに、そのMNPも有料になる。
ということが、理解いただけたのではないでしょうか?

そこで思うことに、
ディズニー携帯を持つためには、
MNPの料金は、どのくらいかかるのか??

ディズニー携帯を持つために、
ディズニーモバイルの公式ホームページをご覧になった方も、
そうでない方も、一番確実なことは、
ディズニー携帯を販売しているソフトバンクショップなどへ、
疑問点を直接聞いてみる。
ということなのですが、携帯電話の仕組みは、
昨今の流れの中で、さらに複雑になっていくので、
聞きたい事も、聞きにくい、、、
という方も、いるのではないでしょうか。

ディズニー携帯について、私自身が疑問に持ち、
MNPの事を、ディズニー携帯を販売しているショップへ、
聞いてみたのですが、まず、MNPにかかる費用は、
ドコモ、au、ソフトバンク、からディズニーモバイルへ移る際は、
MNP転出料として、一律税込み2,100円かかります。

さらに、ディズニーモバイル公式ホームページには、
分かりづらくMNP転入料の記載がありますが、
MNP転入料の事務手数料として、税込み2,835円。
ディズニー携帯を販売しているショップさんの説明では、
ちなみに、この事務手数料というのは、
ICチップの新規登録などの手数料とのこと。

結論的には、ディズニー携帯を持つために、
ディズニーモバイルへMNPの手続き全体では、

MNP転出料 ¥2,100(税込み)
MNP転入料 ¥2,835(税込み)
-----------------------------------------
合計     ¥4,938(税込み)

かかりますので、5千円前後かかると考えておいたほうがいいですね。
また、このMNP費用以外にも、
今利用の携帯電話がソフトバンクでしたら、
割賦販売の残額と、日割り計算での月の請求額。
ドコモやauでしたら、
日割り計算での月の請求額。
年間契約のプランにご加入の場合は、
違約金が発生しますので、
ディズニー携帯を持つ際の、参考にしてくださいね!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯こと、ディズニーモバイル。
ソフトバンクユーザーであっても、
機種変更扱いではなく、MNPの扱いになる。
というのは、ディズニーモバイルが、
ソフトバンクとは別の通信会社だということを、
ご紹介させていただいたので、
今の携帯番号そのままで、
ディズニー携帯を持ちたいと思うのであれば、
MNPの手続きをしなければならないと、
ご理解いただけたと思います。

そこで、疑問に思うことが、
ディズニーモバイルへのMNP。

ディズニーモバイルの公式ホームページを見てみると、
ディズニー携帯の持ち方を説明してますが、
ディズニーモバイルの公式ホームページをご覧になったことが、
ありますでしょうか?

実は、auの携帯電話の販売経験もある私なので、
携帯電話業界の仕組みは、
多少なりとも知識として持っているはずですが、
ディズニーモバイルの公式ホームページの説明では、
いまいち、伝わってこない事がありました。

ディズニー携帯を同じ番号で使うには、
MNPをするというのは、前述の通りですが、
ディズニーモバイルの公式ホームページには、
MNP転入料は、無料と表記されています。

しかし、「無料」という言葉に疑問を抱き、
実際に、ディズニー携帯の販売ショップへ聞いてみたところ、
ディズニーモバイルのMNP転入料無料というのは、
MNP転出料は、¥2,100(税込み)かかるのに対して、
MNP転入料としては、費用はかからないという意味で、
実際には、請求書へ契約事務手数料がかかるとのこと。

ディズニーモバイルの公式ホームページを見ている限りでは、
MNPの費用は、あまりかからないような印象を受けますが、
実際に、販売店で聞いてみると、
印象とは違うものですね、、、。

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯のターゲットは、
20代〜30代の女性のようですが、
女子高校生など、学生のお子さんを持つ親御さんが、
ディズニー携帯を持ちたい!
と頼まれたり、学生がディズニー携帯を持つときには、
ソフトバンクのような、割引サービスはあるのでしょうか?

ディズニー携帯と、ソフトバンクの料金プランは似ているので、
ソフトバンクのような、ホワイトプランを軸に、
シンプルな料金プランが、ディズニー携帯の特徴ですが、
ソフトバンクといえば、学生向けにホワイト学割を発表し、
安さと宣伝で、とても気になる内容になっています。

携帯電話を持つ学生としたら、
たくさん使っても、携帯電話料金は安いほうがいい!!
というのが、本音でもありますし、
携帯会社を選ぶ上でも基準ではないでしょうか?

そんな、安さが魅力のホワイト学割。
ディズニー携帯のカタログを見ても、
どこにもそのようなフレーズは見当たらないので、
ディズニー携帯を取り扱っている店舗で、
実際に、ディズニー携帯のホワイト学割について聞いてみました。

その回答は、ディズニー携帯こと、
ディズニーモバイルでは、ホワイト学割は実施しておらず、
あくまでも、ホワイト学割は、ソフトバンクの携帯電話限定。
ということらしいです。

ここでまとめると、ディズニー携帯の料金プランには、
割引サービスはなく、学生でも、誰でも、
ディズニー携帯のユーザーは、一律同じ料金。
平等ということですね!

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニー携帯こと、
ディズニーモバイルを日本で使用できるように、
サポートしている携帯会社は、
ソフトバンクなのですが、
ディズニー携帯の料金体系すべてが、
ソフトバンクと同じというわけではありません。

ソフトバンクの携帯をお持ちの方で、
これからディズニーの携帯へ、
機種変更をしようと思っている方は、
ソフトバンクの料金そのままで、
ディズニーの携帯へ変わるだけなので、
特に難しいことではないと思うかもしれませんが、
ディズニー携帯の料金プランには、
ソフトバンクのような様々な料金プランは存在せず、
例えば、auと同じプランのオレンジプランや、
ドコモと同じ料金プランのブループランだったり、
ソフトバンクの無料通話つきプランのゴールドプランの方は、
ディズニー携帯の料金プランへの変更も、伴います。

ただ、ディズニー携帯の料金プランは、
従来の携帯会社のように様々な料金プランがあるわけではなく、
基本的には、料金プランは一つだけですので、
ディズニー携帯を、ただ持ちたい!!
という、ディズニーファンの方は、
逆に、シンプルな料金プランで、
初めての携帯電話でも、抵抗はないのではないでしょうか??

ディズニー携帯を持とう!ソフトバンクのディズニー携帯ファンサイト
ディズニーグッズ紹介

これ、何だと思いますか?
なんと、ディズニーとコラボした、
ミッキー型音楽プレーヤーなんです。
ミッキーの形が、
とってもカワイイですよね!!
iriver Mplayerを最安値で手に入れる
ディズニー携帯ブログのご案内
ディズニー携帯が欲しくても、
悩んでいる方のため、
ディズニー携帯について、
情報発信しています。

ディズニー携帯について、
気づいた事があれば、
ドンドン記事にしていきますので、
下のお気に入りボタンを利用して、
お気に入りに追加してもらえると、
うれしいです!